What's Implant インプラント治療簡単ガイド

離婚相談・相続・遺言

司法書士とは?相続登記とは?

司法書士は確かに裁判業務も行えますが、登記の専門家です。登記には不動産登記と商業登記がありますが、不動産登記について考えます。

不動産とは土地と建物のことですが、それぞれに登記簿があります。

そしてその登記簿には所有権者は誰なのか、抵当権などの担保権はついているのかなど、不動産の権利関係が記載されております。登記簿とはいわば不動産の履歴書のようなものです。

例えば、不動産を売買したとか、担保に入れて金融を得たなどの時には登記簿にその旨が記載されます。そして、相続。人は誰でも亡くなるので、どのような人でも相続があった時は不動産の名義を書き換える相続登記が必要となります。

では、どのように登記を入れればよいのでしょうか。複雑な登記の申請を代理して登記をいれてくれるのが司法書士の業務であります。

おすすめリンク

おすすめ